ようこそ!クズの皆さん!!

常にアクティブな生き方を探求しつづける。ブログはそれのきっかけにすぎない。

横浜と名古屋間を原付バイクで移動したら、想像以上に過酷な道のりだった。

ようこそ!クズの皆さん!!雅之(元DQN)です!

メンヘラは卒業しました!○○ブロガーという名称もやめました。

先週の金曜日にて自宅である横浜から名古屋までを原付バイクで移動するというアホ計画を実行しました。

目的は名古屋で開催される「ぼりの料理とユキガオの器を使った食事会」に参加する事と、新幹線代が高い!という事で原付バイクを利用しました。

ちなみに新幹線を使い日帰りで帰るとなると、参加費や諸経費込みで2万4千円。貯金がない僕にとって高すぎます。

逆に原付だと500円のガソリン代で約200キロぐらい走ります。すごくコスパがいい。

ですが道中大変な目に遭い、「原付で静岡を横断するのは危険!」と言わざるを得なかったです。

f:id:masayuki0705:20170529224825j:plain

横浜→名古屋

朝から大雨。最悪のコンディション。

朝5時に起床。天気予報を見たら降水確率90%。はい、きたこれ。

これが今回使用したバイク。

f:id:masayuki0705:20170529224855j:plain

50ccのSUZUKIレッツ4というバイクで、去年知り合いの人から安く買いました。あまり走っていなかったので、メンテナンスぬきで出発。

f:id:masayuki0705:20170529225011j:plain

最初の給油+タイヤの空気を入れる。

藤沢にて滑ってコケそうになる。危なかった。

f:id:masayuki0705:20170529225030j:plain

箱根湯本までは難なく走行。途中おじさんが声をかけてくれた。

 

バイク止まったの?

 

 

いえ、休憩中です!これから名古屋まで行きます!

 

 

えー50ccの原付だと大変よ?

 

 

 

この時はまだ事の重要さに気付いていなかった。国道1号線をひたすら真っすぐ進めば着くと思っていたから

それにしてもわざわざ声をかけてくれてありがいと思った。

f:id:masayuki0705:20170529225106j:plain

凍え死にそうになりながら箱根山を制覇。富士宮に到着。昼はカップラーメン。

カップ麺の粉を落としまくったくらい、この時は震えあがっていた。

あととにかくケツが痛すぎる。

原付泣かせの国道1号線

この時から道に違和感があった。あまりにも高速道路みたいな道で、車がビュンビュン走っていく。

静岡県内の国道1号線は、

  • 125cc以下のバイクの通行禁止エリア
  • 原付はOKだが、走るには危険すぎるエリア

とで分かれていた事に初めて知った。ここら辺から国道1号バイパスになるのだ。

2車線道路ならいいが、1車線だととにかく車にあおられる。トラックが来た時は本当に怖かった。

危険すぎるから迂回するも遠回りになり、後からまた国道1号に合流。危険をおかしながらの運転の繰り返し。

f:id:masayuki0705:20170529225159j:plain

駿河区に到着した頃には死というものを覚悟したくらい。仕方ないのでとにかく1号線を乗らないルートで行くことにした。

途中掛川付近で2回目の給油。おじさんに道を教えてくれた。

f:id:masayuki0705:20170529225245j:plain f:id:masayuki0705:20170529225300j:plain

道を検索しながらようやく磐田、浜松へと順調に移動。

f:id:masayuki0705:20170529225327j:plain

夕方6時くらいに豊橋。愛知にたどり着いた。

だがバイクの様子が少し変だ。

残り数十キロという所でバイクの駆動装置から異音。そして下から煙が。

f:id:masayuki0705:20170529225356j:plain

少しやばかったのでちょいちょい休憩を挟む事に。夜飯はシリアルバー1本。

残り数キロで大雨に打たれながらやっと目的地のリバ邸名古屋さんに到着。

時間は夜の9時すぎ。合計14時間のバイク走行だった。

リバ邸名古屋

f:id:masayuki0705:20170529225626j:plain

前日に「泊まらせてください!」の連絡を入れたところ快くOKしていただいてお邪魔する事に。

場所は普通のUR賃貸マンション。URだとシェアハウスOKらしい。

f:id:masayuki0705:20170529225442j:plain f:id:masayuki0705:20170529225504j:plain

すぐに荷物を乾かせてくれ、シャワーも浴びさせてくれた。

f:id:masayuki0705:20170529225652j:plain

さらに寝袋も用意。疲労が蓄積した身体にとってありがたい。しかもタダで泊まらせていただいた。

本当にいたりつくせり・・・

お土産用意できなくてすいません・・・

名古屋→横浜

気持ちいいバイク走行

全日程を終え2泊し、朝5時起床。出発することに。

天候は晴れ。最高のバイク日和だ。

f:id:masayuki0705:20170529225747j:plain

殴り書きになって、すいません。

f:id:masayuki0705:20170529225819j:plain

3回目の給油時、ガソリンスタンドの出入り口の溝にハマる。神奈川ではそんな事なかった。

f:id:masayuki0705:20170529225843j:plain

行きでの教訓を生かし、海沿いをひたすら走る事にした。そしたら綺麗なビーチが。

神奈川の海とは雲泥の差だ。

f:id:masayuki0705:20170529225909j:plain

磐田に到着。何もない道がこれからも続いた。

f:id:masayuki0705:20170529225927j:plain

あるとしたら風車くらい。

f:id:masayuki0705:20170529225949j:plain

焼津まで順調に走らせ昼飯に。カップ焼きそば一個。あくまでストイックに。

緊急事態

イチゴ農園が広がる静岡市へ。

f:id:masayuki0705:20170529230115j:plain f:id:masayuki0705:20170529230131j:plain

山には久能山東照宮、海は綺麗な駿河湾。

だが問題が発生・・・この頃からバイクのエンジンの始動がうまくいかなくなった。

予感は的中した・・・

f:id:masayuki0705:20170529230243j:plain

沼津市のスタンドで最後の給油。この頃にはキックでないとかからないくらい異常だった。

1号バイパス走行中何やらバイクのスピードが遅い。

そしてすぐにエンスト。全くかからなかった。

f:id:masayuki0705:20170529230308j:plain

近くのガソリンスタンドのおじさんに「バイク屋ありますか?」と聞き向かうも車屋だった。

検索し近くのバイク屋までひたすらバイクを押した。

f:id:masayuki0705:20170529230335j:plain

閉店時間1時間前でセーフ。だが店員さんに「バッテリー交換だと高いよ?」と言われ7000円払う事に・・・これでもまけてくれたのだが。

とにかく直ってよかった。

寒さと疲労との闘い

箱根山を登る頃には日が落ちていた。

f:id:masayuki0705:20170529230400j:plain

さすがに真っ暗な中、箱根山を原付で走るのは危ない。そして何より寒い。

しかし車の通りも少なく、意外と街灯が効いていたので難なく突破。

f:id:masayuki0705:20170529230420j:plain

小田原に着いて気が付いたら顔と手が真っ赤だった。

長時間の運転で肌が露出した所だけ、日焼けした。

ひたすら1号線をまっすぐ走り、藤沢付近へ。最後の休憩。

f:id:masayuki0705:20170529230449j:plain

この頃には立つこともままならない。ケツの痛さがピーク。心ここにあらずという感じ。

そしてようやく地元へ。

時間は夜10時半。合計14時間弱の走行だった。

f:id:masayuki0705:20170529230520j:plain 

f:id:masayuki0705:20170529230536j:plain

真っ赤な顔と目。そして手。疲労とイライラがピークに達していた。

母に八つ当たりしてしまった。

検証結果:原付での静岡横断は危険すぎる!

今回横浜と名古屋を往復した感想は、

  • 二度とバイクで静岡を横断したくない(やるなら250cc以上のバイクで)
  • 色々な人に助けられて、ありがたかった
  • 死を覚悟し、生きている事に感謝できた

という感じです。

ちなみに3日間で使ったお金は、参加費3000円+ガソリン代約1800円+飯タバコ代約2000円+宿泊費タダ+バイク修理代7000円。

という事でおよそ1万4千円。新幹線を使い日帰りで帰るより1万円も安い金額で過ごせました

それにしてもバイク修理が痛すぎる・・・地元まで後80キロ・・・

もう少し進んでくれれば知り合いの人に頼んで迎えに来てくれたのですが、場所が焼津・・・

それでも箱根山の途中で止まらなかったので不幸中の幸いでした。

まあとにかく軽い気持ちで原付での静岡横断はしないように・・・

片道およそ350キロ。車ならまだしも原付だと走行している時間がすごく長く感じました。

途中クラクションを鳴らされたりと、速度の遅い原付だと車にとって邪魔。

強引に追い越してくる車両もいるので、それも危ないです。

しかし何十時間とかかると言えど、さすが原付。コスパが良すぎです。

新幹線往復で2万円に比べ、原付だと約2000円で済んでしまうのですからいかに高いお金を払って我々は鉄の塊に守られて移動できていると言えますね。

確かに危険ではありますが、ミニマリストには最適の乗り物。税金も2000円ですからね。

時間があり、リスクをおかしてでも安く移動するには原付が一番ですよ!

危険と不安な中でも助けてくれる。

今回とにかく不安だけが頭によぎりながら運転していました。

  • 事故らないか
  • コケてケガしないか
  • バイクが壊れて最悪の事態にならないか
  • 警察にスピード違反などで捕まらないか

色々心配でした。原付の保険も入っていなので余計に。

そんな中でも僕はずっとツイートして、フォロワーさんからいいねやリプライをくれました。

特に感動的だったのが掛川付近のガソリンスタンドの店員さん。

すごく田舎の所にポツンとあった所で、フルサービスのお店でした。

僕がおじさんに道を聞いている間、綺麗めのお姉さんが「おつりです」と言って渡してくれました。おじさんの孫娘だろうか。

神奈川ではもうほとんどがセルフスタンド。おつりを渡してくれるなんて初めての経験でした。

田舎はどんどん過疎化の一途をたどり、おまけにサービス業はどんどん機械化されていく。そんな中出会った田舎のガソリンスタンド。

はたして「効率がいい」という短絡的な見方だけで判断し、何もかも機械化することは正しいのでしょうか。

人の不安や心配事を軽減できるのは人しかいません。どんなに機械が発達しても。

ロボットにドラマを与えてくれるとは僕は到底思わない。

リバ邸名古屋の皆さん、バイク走行中助けてくれた方々すべての人に感謝しています。

人生も不安や危険でいっぱい。それでも助け合いながら生きる。