読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!クズの皆さん!!

メンヘラな自分と向き合い、アクティブな生き方を探す。

オナニスト歴14年の男が語る。オナニーで大事なのは、“背徳感”だ!

ようこそ!クズの皆さん!!

メンヘラブロガーの雅之です!!!@moto_dpn_masa

僕は14年間オナニストとして生きてきました。

オナニストとは、実際のセックスよりオナニーを快楽的におこなう方です。

エロブロガーであるペロンチュ真純さん(@peronchumasumi)によれば、そもそもオナニーしまくる事自体良くない事で、いわゆるオナ禁推奨派です。

www.peronchu.jp

でも僕は感情論で生きるので、オナニーするしないとかの線引きをしないんですよ。したい時にする!したくない時は一切しない!

そんな素人童貞の僕がオナニーに限らず、淫らな行為をする上で一番大事だと豪語するマインドを教えます!

それは・・・


背徳感である!!!

 

f:id:masayuki0705:20170516163935j:plain

今回紹介する背徳感とは?

まず背徳感とは、本来の道から外れた際に生じる罪悪感の事です。

「あぁやってしまった」

「あぁなんて事を自分はしでかしたのだろう」

と倫理道徳に反する事をしてしまい、後悔の念にかられてしまう事です。

一見ナーバスな言葉にしか聞こえませんが、これがオナニーをする上で重要な気持ちなんですよ。

オナニーでもセックスでも必ずドキドキ感が必要です。

そのドキドキ感は自分の裸をさらす以外で言うと、「こんな事をしていいのか!」というドキドキ感。

こんな事=道徳に反する事なんですよ。

コスチュームという視覚的刺激。

オナニーする上でコスチュームというのは外せない存在。

制服、ブルマ、スーツ姿・・・色々ある中でオナニストが推奨するコスチュームは、


巫女orシスターである!!!

 

f:id:masayuki0705:20170516171331j:plainf:id:masayuki0705:20170516171353j:plain


想像していただきたい。


巫女は神社という聖域にいて。


シスターは教会という神聖な場所にいる。


両者とも神が関わっている。


そんな人を抱くという事は・・・神への冒涜ではないか!!


と勝手な想像をしてしまう。


それでもひとたび行為が始まればただの一般人。


けど終わった後はどうだろうか・・・また「あぁ神様から罰をあたえられるのでは?」と勘違いする。


そうだ、その神秘的な想像力でのオナニーは何か壮大なスケールというものを感じるのだ。


そしてもう一つ、僕がおすすめするコスチュームは、


ウエディングドレス姿だ!!!

 

f:id:masayuki0705:20170516171309j:plain


ウェディングドレスからポロリとこぼれる乳首や性器は何とも言えない背徳感に苛まれる!!


年に一度や二度しか着ないウェディングドレス。


そんな卑猥な事をしていいのか!という気持ちと、


これは希少な光景だ!!という有頂天。


個人的には一緒につける手袋がいいのだ!!


純白な手袋で自分の身体を触られるなんて、結婚式でしか味わえない。


特に僕のようなオナニストは結婚式なんて無縁の世界。だから余計興奮するんですよ!!!

好きだった人に似ているAV女優で。

www.welcome-kuzu.xyz

以前前職に関する記事にて、職場で出会ったメンヘラ臭の女の子の紹介をしました。

あれだけ面倒な女だったのに、いざ音沙汰なしになった直後に喪失感に襲われひどく落ち込みました。

そんな時の救世主が椎名そらというAV女優。

彼女にすごく似ていて、それをネタにして癒されていました。

そして行為の後こうつぶやくのだ、


「やってしまった」と。


まさしく背徳感である。


好きな人に似ているAV女優をネタにする。


これマジおすすめ。

実家でのセックス。

f:id:masayuki0705:20170516171934j:plain

以前mixiで初めて会った女の子を実家である自宅に招いた事があります。

初対面なのにケーキを持ってきたりと、積極的な感じの女の子でした。

すると突然、


「ねぇ、お腹触ってみて」と言ってきた。


普通に触った。


そのまま行為へ・・・というシチュレーションでしたが、実家という環境にビビッて行為にはいたらず。


そのまま車で送った。


でも後々考えると・・・すごく興奮するんですよね。


両親が1Fにいる中、


2Fでセックス。


「おやつよー」と入ってもおかしくない状況。いや本番でギシギシ動くからそれで入ってくる可能性が高い!


そんな状況下でのセックス。それを想像しただけでもこみあげてくるものがある。


もし僕が思い切ってセックスしていたら、それはもう頭の中が背徳感でいっぱいだっただろう。

オナニーも心で満たすのだ!

オナニストでない人から見たら、オナニストはその場だけの快楽でしのいでいると思っているでしょう。

しかし!それはあくまで短絡的な視点でしか見ていないんです!

オナニストはオナニストなりにドラマがあり、人それぞれスケールが違うのです。

その中で僕はたまたまこの背徳感という重要性に気づき、それが心を満たすマインドであると強く主張します!

そして改めて言う。


いかがわしい行為に必要なのは・・・


背・徳・感


背徳感である!!!!!

最後に一言。

僕のくだらない記事を最後まで読んでくれてありがとうございます。

自分自身のオナニー記事を読んで、

「気持ち悪い」

「こいつは危ない人間だ」

という人が多いでしょう。

中には「犯罪因子だ」という思い込みが発生する人もいるでしょう

けどそういう人の思い込みで、生きづらさを感じている人がいる事も事実です。

僕の記事を読んでどう感じ取るかはあなた次第。

しかし、オナニー記事をあげる=ただ気持ち悪いという頭の中にある常識をとっぱらってもらいたい

そして僕は女性の性に関する事は認められて、男性の性に関する事はきもいというレッテル貼りをどうしても感じてしまいます

一般常識が全く通じない人間もいるのです。

僕のように。