ようこそ!クズの皆さん!!

常にアクティブな生き方を探求しつづける。ブログはそれのきっかけにすぎない。

野球経験者の僕がWBC侍ジャパンを一切応援できない理由5選。

ようこそ!クズの皆さん!!

元DQNブロガーの雅之です!!!@moto_dpn_masa

今年も野球世界一を決めるWBCが開催され、惜しくも日本は準優勝に終わりました。

twitter.com

僕は高校時代に少しだけ野球をしたことがあり、昔からプロ野球を観戦するのが好きでした。

ですが最近の日本の野球はどうも好きになれないどころか、嫌いという分類にまでなってます

今回のWBCでも逆に他国のチームに注目して観ていて、日本の試合は結果だけ観る程度。

はっきり言うと、さっさと日本が敗退してくれないかと思ったくらい他国のチームの試合が面白かったです。

なぜ僕が日本の野球、日本代表チームを毛嫌いするか。5つに分けて理由を述べます。

f:id:masayuki0705:20170325150147j:plain

日本代表の試合に限ってお祭り騒ぎになる。

WBC(ワールドベースボールクラシック)は2006年3月に第一回大会が行われて以来、4年に一度各国で野球の世界一を決める大会です。

様々な国籍を持つアメリカのメジャーリーガーが誕生し、オリンピックで野球の競技がなくなったのをきっかけに開催されました。

いわばサッカーW杯の野球バージョンというものでしょうか。

日本は2006年の第一回大会、2009年の第二回大会で優勝し、日本の野球が世界に通用した!みたいな報道で大騒ぎに。

この2つの大会でイチロー選手などの日本人メジャーリーガーが目まぐるしく活躍し、大いに盛り上がりました。

ですが2013年の第三回大会は日本のプロ野球選手だけで戦い、結果は準優勝。そして今大会もほぼプロ野球選手だけで集めて準優勝。

世界一奪還!とはいきませんでした。


日本で応援している人にとったら「優勝できなくて残念」と思っているでしょう。ファンだけでなく、メディアも意気消沈。

でも僕はこの日本の結果に対して何も思っていません。「ふーん、負けたんだ」程度です。

なぜなら日本代表チームが負けても僕らの生活において何も影響がないからです。

よく代表戦の後、「感動をありがとう」という言葉が毎回でますね?

確かに日本代表はこれまでのWBCの大会で何度もドラマチックな試合展開や選手のプレーがありました。

中でも一番記憶に残ったのが第二回大会決勝のイチロー選手の決勝打。日本のファン誰もがご存知のプレーです。

戦っている選手自身も色々なドラマがあるのでしょうが、それでも少なくとも野球をやっていない人からみたらいくらそのシーンを観てもなんら我々の生活にプラスに働くものではありません。


WBCに限らずサッカーW杯でも同じように日本代表戦というだけで日本全体が盛り上がります。

以前行われたブラジルW杯の時の地上波の報道が異常でした。

内容は「日本代表戦を観ていない貴方は何をしているの?」というもので、W杯を観ていない人は非国民だみたいなニュアンスでした。

実際放送内で、囲碁をしている人やランニングしている人にまで取材したくらい。

ここまでくると「日本代表戦を応援しなきゃおかしい!」みたいなメディアの同調圧力です。

ちなみに同調圧力とは、

同調圧力(どうちょうあつりょく 英: Peer pressure)とは、地域共同体や職場などある特定のピアグループ(英: Peer group )において意思決定を行う際に、少数意見を有する者に対して暗黙のうちに多数意見に合わせることを強制することを指す。

 

ウィキペディアより引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8C%E8%AA%BF%E5%9C%A7%E5%8A%9B

つまり少数派の意見の人も多数派の意見の人間に従え!みたいな恐ろしい考えです。

これは日本だけでなく他の外国人にも言えることですが、日本は先進国。こんな社会が進んでいるのにこの同調圧力の考えがあること自体おかしいと言えます。


「日本人なんだから日本代表戦を観ろ!選手を応援しろ!」

もちろん普段からそんな事を言う人は少ないでしょうが、僕は毎回こういった同調圧力を感じると同時に日本はいつまでたっても全体主義の国であるとみています。

自分の国のチームや選手を応援する事は当然の事であり、それは人の自由です。

ですが日本の場合何かこう、「日本を世界にアピールしよう」という概念が強すぎるんですよね。

こういった思想によって、日本と世界の格差っていうものが生まれていると僕は感じているのですよ。

日本の野球がいまだに世界一と勘違いしている。

日本人選手は海外の選手に比べて背も低く、プレーする上で必ず身体能力というものが壁になります。

それを埋めるために日本人選手は野球において、攻撃面ではバントをするとか、守備ではエラーしないなど堅実なプレーが求められます

なので日本の野球は昔から“スモールベースボール”と言われ、繊細な野球を継承してきました。

日本人選手は少年野球の頃から守備のノックや連係プレーを練習し、そのスモールベースボールを体にしみこませています。

それが武器になり日本人選手はエラーが少なく、攻撃でも確実に一点をとる戦術で試合運びをします。

その日本の細かい野球。はたから見たら世界に誇れる武器と思いがちですが僕は違うと胸を張って言います。

なぜなら裏を返せば力の強いメジャーリーガー相手に力で勝つことができないですし、折角試合のために選手同士で連係プレーを行ってもケガなどでその選手がでられなければ慣れない布陣でプレーするしかない。

つまり外国人選手の個人の力に対応しきれない部分がどうしてもでてしまうということです

例え日本人がプロ野球の中で十分活躍しても、メジャーリーグで活躍できる選手はわずかなのがよくわかります。

だからイチロー選手というのがどれだけ偉大な存在なのかもわかりますね。


それに比べメジャーリーグなど世界の野球は面白いです。

選手それぞれにボールを投げたり、バットを振るフォームが多種多様。中には元バスケットボール選手など異色の選手もいます。

僕は最近メジャーリーグをTVで観ることが多いです。

僕にとって知らない選手が多く、それがまた面白い。

比べて日本のプロ野球はバントなどの無難なプレーが多く、はっきり言ってつまらない。

一番ひどかったのは外国人ピッチャーに対して、審判がフォームを注意し正した事

日本の審判だけでなく、そのチームの指導者も選手のフォームを自論で改造してしまうのです。これってメジャーリーグだとありえない事なんですよ!

選手ひとりひとりのフォームって練習で積み重ねてそのフォームが出来上がるわけだから、それを改造するという事はリスクなんですよ。

日本の指導者がこのような考えなので、今のプロ野球選手って本当に無個性なんですよ。プレーにおいても選手においても。

(日本ハムの大谷選手は規格外で面白いですが)


そんな日本のプロ野球も王や長嶋選手がいた頃はまだ個性がありました。

「周りよりいいプレーをするには、“個”の力が必要だ!」みたいな考えだったのですかね。

ミスに対して全く寛容性がない。

日本は守備においてエラーが少ない。という事はエラーを許さないという考えが自然と生まれます。それって日本人選手はこうあるべきだみたいな脅迫なんですよ

今大会の準決勝でもサードの松田選手が試合中エラーをし、それがニュースのタイトルになるまでバッシングになってしまいました。

これって日本代表戦にて日常茶飯事見る光景なんですよ。

分かりやすい例が2008年の北京五輪の韓国戦。当時西武ライオンズに在籍していたG・G・佐藤選手が外野フライを2度落球しエラー。

試合は残念ながら敗戦し、メダルすらとれずに大会終了。スポーツ新聞の一面で“E・E・佐藤”と酷評。佐藤選手も一時期精神うつ状態になったそうです。

そういったミスによるバッシングは選手だけでなく、なんと観客にも。

www.ura-michi.com

この記事のようにホームラン性の当たりを子供がホームランフェンスの直前でキャッチしそれがホームランの判定にならず。

ネット上で「クソガキ」と批判されたというもの。

試合の方は快勝したので大事にはならなかったものの、敗戦という結果になったら間違いなく“敗戦の戦犯”としてさらしあげられてしまうでしょう


というように実際に勝ち負けに響こうがなんだろうが、人のミスに対して過激に批判する輩がいるそれが日本の一部のファンです。

それに比べ外国人選手はエラーなどのミスをしても、「次おれが打てばいい」みたいなポジティブかつ寛容性のある選手だと言えます。

外国人は心にゆとりがある人が多く、そういった思考の選手並びに観客の人が多いんですよね。もちろん短気ですぐ怒る人もいますが。


スポーツは人間がやる行事です。WBCという世界大会となればもちろん普段より緊張します。

それが極限状態になれば必ずプレーにも響きます。

そういった想像力がない人間がこういったバッシングをするんですよね。

少なくとも「クソガキ」と批判したネットユーザーは異常です。

日本人選手は日本代表に選ばれて当然→は?

僕がブログをやる前結構ネットユーザーと闘う事が多く、某動画サイトでもバトっていました。

WBCに関する動画のコメント欄でこのようなコメントが、

 

普段我々が金を払って観戦している。選手はそれに感謝し、日本代表として恩返しするべきだ!

 

それに対して僕が、

 

このニワカが野球語ってんじゃねー!選手にとって観客が払う金なんか知ったこっちゃねーんだよ!

 

と反論。

このように恩を売るような日本のファンが非常に多い。

さらに“チーム事情で日本代表として出場できない”という人の諸事情にも噛み付く人も多い

WBCは毎回3月に行われ、選手にとって4月からのレギュラーシーズンに影響することは多々あります。

当然WBCにおけるケガや選手の調子など、所属しているチームにとっては心配でもあり懸念すべき課題。だからこそ、WBCに出場しないという選択肢は当たり前なんですよ。

現にイチロー選手などの日本人メジャーリーガーは毎回出場を辞退してます。イチロー選手もWBCの大会後、胃潰瘍になるなどの影響もあったりしました。

ですが毎回日本のメディアは日本代表戦に出場しない選手を問題視しているように見えます。

なぜそんなに日本代表戦に出場しなくてはいけないのか?それは、

  • 日本野球を世界に知らしめるための
  • 報道関係者の利益の

道具としか見ていないのです。

人の諸事情も考えられない人間に野球などのスポーツを語る資格は一切ありませんね。

応援がうるさくて観戦しずらい。

日本は昔から競技があると必ず鳴り物で応援する文化や伝統があります。

野球の鳴り物の応援の歴史は古く、1952年に観客が家庭用のフライパンを叩いたのがきっかけと言われています。

以降韓国や台湾でも鳴り物の応援が始まり、今ではトランペットや太鼓を使った応援が当たり前になってます。

WBCの試合中でもその鳴り物の応援が行われ、本来禁止のはずのアメリカの球場でも平然と行われました。

  • 「鳴り物ほんと邪魔」
  • 「日本の鳴り物恥ずかしい」

と否定的な声も上がるほど、日本の応援スタイルに対して賛否両論あります。

では本場のアメリカはどうなのか?

僕がメジャーリーグの試合を観いてる印象だと、

  1. 鳴り物は使わない
  2. 隣同士でぺちゃくちゃ世間話している
  3. 試合終盤など試合が盛り上がるときにだけ声を出したり、スタンディングオベーションをする

という感じです。

日本国内では中々見られない光景ですし、文化の違いがはっきり分かります。

実際選手にとってどっちがやりやすいかと言うと、メジャーリーグだと思います。

プレーに集中する選手にとって静かな球場はやりやすい他ないのでは?

ではなぜ日本人は鳴り物を使って応援するか、禁止されていてもやるのか。

それは球場がお葬式ムードになりたくないからなのです。

観客が不特定多数いる球場内では大きい声で世間話することは、日本人にとって耐えられなく迷惑行為にしかなりません。

電車やバスの中でもそうですよね?日本は静かですが、アメリカなどの車内はおしゃべりが多い。

ですが皆空気を読んでシーンとしたムードも耐えられない。だから鳴り物を使って盛り上げるのです。

それに感化され、「ストレス解消だ」と言って観客も大声で応援。

声を出すのはメジャーリーグの観客と一緒ですが、日本は試合前から試合終了後も全力で応援。これに日本のスポーツ界にはびこる根性論が潜んでいるのです

鳴り物を使い、最初から最後まで全力で応援するこの応援は本当に古臭い。

選手の事も考えないようなこの応援は、時代とともに廃れいってほしいと願うばかりです。

日本人だからといって日本代表を応援する必要はない!

今大会で一番注目を浴びたのが間違いなくイスラエルでしょう。イスラエルといったら野球とはまるで無縁の国。僕もまさかここまで躍進するとは思いませんでした。

前回もブラジルが日本を苦しめるなど、それまで野球でピックアップされなかったチームが活躍するとすごくワクワクし、“可能性”というものを感じるんですよ。

その可能性というのは優勝するとかでなく、もっと野球が盛んになる国が現れたりとか日本を脅かす存在になるだとかだと僕は思います。

日本はもう優勝するのが絶対条件みたいな雰囲気ですよね?それって逆に可能性を奪う考えなんですよ。

だから選手のエラーをも許さないという考えにいたってしまうんですよ。

僕はこんな日本を応援する事ができない。サッカー日本代表に関してはまた別の概念ですが、少なくともこんな軍事的イメージで古臭いWBC侍ジャパンを一切応援する事ができない。

というか侍ジャパンというネーミングがクソすぎる。いかにも道を外れた人間を許さないって感じ。

それに対して他の国はどうでしょう?僕が見る限りでは観客が楽しそうに応援しています。

中にはすでに敗退した国の帽子をかぶっている観客もいました。その人も楽しそう。

皆が決勝を楽しそうに観戦している間、日本はどうだ?完全にお葬式ムードでしょ?

日本人は真面目すぎなんですよ!

こんな堅苦しい国を応援するより、皆が楽しそうに応援している国のチームに注目した方がまだ心地いいですよ?

だから日本人という理由で日本代表だけ応援する必要なんか一切ないのです!