読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!クズの皆さん!!

自分語り・社会派オピニオンなどを記事にしてます!主に社会不適合者さんを応援してます!

退職後の確定申告終了!去年の雅之の職歴を公開する!その①

ようこそ!クズの皆さん!!

元DQNブロガーの雅之です!!!@moto_dpn_masa

僕は今月9日に確定申告を済ませました。

確定申告とは会社などで得た所得に対する一年間の所得と税金を申告する手続きの事です。

僕の場合は3社から収入があり、年末調整できなかったので税務署まで行きました。

その確定申告には源泉徴収票という会社から発行される書類が必要なのですが、

これを退職した会社から受け取るには一本連絡が必要になります。(本来なら退職後すぐ郵送する決まりです)

僕は退職した3社に電話をし、源泉徴収票を郵送するよう頼みました。

けどこの電話がすごく嫌。なんせ3社とも「会社に対する不信感」で辞めたのですから。

ですので今回は3つの記事に分けて、去年まで働いていた会社に関する出来事を皆さんにお届けします!

f:id:masayuki0705:20170319162017j:plain

自動車陸送という仕事。

自動車陸送とは?

自動車陸送はその名の通り、自動車を運搬する仕事です。

運び方は様々でキャリアカーという1台から数台まで運べるトラックを使ったり、自走といって自分で運転するやり方もあります。

僕は2台まで積めるトラックで、このようなイラストのトラックで運んでいました。

f:id:masayuki0705:20170319174620j:plain

運搬先も業務よって様々で、

  • 自動車のオークション会場
  • 自動車販売会社・整備工場
  • 輸入出関連業者
  • 個人宅

などを行き来するような形をとっていました。

前職では神奈川を中心に、関東地方全域及び関東圏外まで運搬していました。

オールジャンルの車を運ぶ。

僕が運んでいた車は主に国産中古車がメインでした。

海外向けの車が多かったため多少商品車をこすったりしても全然問題なかったでしたし、余程のことがなければクレームになりません。

しかし他にも左ハンドルの外車(中には1000万円クラスも)、レースで使うようなスポーツカー、改造車なども運ぶため、

トラックでの積み下ろしが困難な車を依頼される事もしばしばありました。

特に車高(地面と車のバンパーの差)が低い車は本当に積み下ろしが難しく、このようにバンパーをすりながら作業することも。

f:id:masayuki0705:20170320190536p:plain

皆さんは車の免許を取った時に“坂道発進”をやりましたよね?

運ぶ車がオートマならまだしも、マニュアルの車だと場合によっては1cm単位で坂道発進しなければいけないのでかなり運転に気を使います。

あと高さだけでなく車の横幅も気にしなければいけません。

当然トラックの真ん中に積まなければバランスがとれないですし、横幅の広い車だとトラックの柱にぶつけてしまいます。

何度か新車を柱にぶつけたことがあります(笑)

その他にもトラックの全高が4.1mと決まっていて、それ高く積むと運搬中ぶつけたり警察に注意勧告されたりと正直骨の折れる業務でした。

誰が何を積むか管理する人は車の種類、高さなどをある程度認知した上でそれぞれの従業員のトラックに業務を割り振られます。

当然管理者は経験者であり、積め!と言ったら積め!という奴隷的な業務を約1年4ヶ月続けました。

ずさんな管理体制。

面接時間わずか10分。

入社前は車のローンをかかえていたので、一日でも早く運送会社に入りたい!との事でタウンワークを開きこの会社に応募しました。

いざ面接をおこなうと、簡単な業務内容と事故があった時の処分についてだけ説明し、たったの10分で面接は終了

僕自身ここで「怪しいから断ろう」と即決すべきでしたが、早く仕事したいという気持ちが先走り入社を決めてしまいました。

当初はアルバイト扱いでしたが、それでもちゃんとした契約書などは一切書かず、企業マニュアルも提示されないまま業務をやらされる事に

結果的にこの僕の浅はかな考えが地獄の勤務に繋がってしまった・・・

MAX17時間労働以上・月間休日5日以下。

www.welcome-kuzu.xyz

僕が過去にずさんな管理体制の運送会社に何社か勤務していた事は前にもお伝えしましたが、

今までの業務で一番過酷だったのがこの陸送会社でした。

一日の平均労働時間は約12時間くらいで、繁忙期は17時間以上も。

その時はちょうど今ぐらいの時期で夕方高速道路が大渋滞をおこしている時に、「千葉のオークション会場までとりにいけ」の指示。

千葉に着いたのが夜の10時すぎ、それから車を探し悪戦苦闘。

結局帰社したのが日付が変わって夜中の2時。家に帰るのが面倒と判断し、そのままトラックで寝泊り。

こんな事が何回もありました。

業務や交通状況によっては休憩が一切とれなかったですし、休日も月当たり5日くらい。(中には一切休日をとりたがらない社畜社員もいました)

本当に身も心もボロボロの状態で勤務していました。

事故後の処理が適当。

勤務した1年4ヶ月の間、何度も商品車をぶつけたりこすったりしていました。

先程申した通り、海外向けの中古車でしたらある程度ごまかせますが、

ライトを破損するなど重大な事故だったり、対象物が新車とかになると話は別。

そのような事故が発生するとその日の給料ゼロ+3ヶ月間毎月3万請求しなければいけませんでした。

ただそれもまだ安いほうで一度年季の入ったポルシェを壊した時もこの程度で済みました。

その他にも3台分請求をくらってつまらない思いをしながら業務をしていました。

しかし問題は給与明細にその事を明記しなかった事です。

労働環境に詳しい方によるとこれは違反であるとおっしゃっています。

何にしろあまり口頭でも説明がなかったので、

日々の業務に追われてそういった処理を疎かにするブラック会社であると判断できますね。

もどかしい上司達!

業務の中でたまに車にシートをかぶせて運搬する指定がありました。

高速道路も走りますし風も吹くため当然固定するロープなどが必要でしたが、管理者の女上司とこんなやり取りが・・・

 

固定するためのものを貸してほしいです

 

 

じゃあこれ!(わずか3本ほどのゴム)

 

いざ固定するもすぐに外れてしまい、悪戦苦闘。

他の従業員の方を呼んで数時間後ようやく出発。

 

いつまでかかってるの!時間に遅れるでしょ!

 

 

(いやあんたがまともな準備や対処をしなかったからでしょ)

 

僕が業務上で不手際をおこした時でも、

 

すいません。

 

 

「すいません」じゃないよ!怒られるのは私なんだよね!うんたらかんたら

 

 

はい。

 

 

「はい」じゃないよ!

 

このような面倒なやり取りの繰り返しでした。

さらに別の従業員が辞めるか辞めないかで悩んでいて、その人が数日間休んだ時も、

 

貴方が数日間休んだ分、他の連中に迷惑がかかった。この場で謝罪しろ!!

 

 

すいませんでした。(泣)

 

 

(日本はいつまでたっても謝罪文化がなくならないなぁ)

 

もう用済みです!はい退職!!

このように過酷な労働環境、業務内容、上司に耐えながら1年4ヶ月を過ぎ、

ようやく車のローン返済+貯金50万程度貯まるようになり「そろそろこの会社とは引き際だな」と決めました。

その矢先に会社に置いてあった商品車のEクラスのベンツにどーーーん!!!

僕が運転していたトラックで突っ込み、キズがついてしまった・・・

もちろんこの事は上司に秘密。やる気も失い、

「えぇーーーーい、辞めてしまえ!!!!」

翌日女上司に辞める事を伝え、1週間後退職決定。

その後今までの過酷な業務のツケが回ったのか

数日間胃腸炎に悩まされるハメに。

過酷な労働環境はもちろんですが、何より商品車を運ぶのがしんどかった・・・

場所や状況によって数センチ単位で車を動かす事がかなりおっくうだった・・・

自分の車ならまだしも、他人の商売道具なんでいちいち降りて確認して動かしての繰り返し。

今思うとよく1年4ヶ月も耐えたなと思っています。

外国だと考え方がルーズだし、多少なりとぶつけても平気なラフさはありますが日本人は違う。

完璧主義というものに付き合わされなければいけない。

この業務で言うと、ほんの少しのかすりキズも許さないって事になりますよね?

もちろんこの器用さが日本人の長所でもありますが、

なにかこう、日本人全員が全員この器用さを持ち合わさなければいけないみたいな風潮を感じてしまうんですよ。

器用さもそうですし、あと万能に動けるとかね。

万能に動かなければいけないから、積むのが苦手でも外車だろうがスポーツカーだろうが積め!って事になる。

“従業員の得意不得意全く関係なく、ただ上司の言いなりで動かされる”

これに日本の労働環境の奴隷根性が染み付いているんですよ。

だからこんな職場で消耗するくらいなら

さっさと辞めて、自分の得意分野で活躍するべきなんですよ!

ブラック企業は逃げるように辞めるべき!

この会社は上司に報告して一週間で辞めましたが、次の記事で紹介する会社は翌日辞めました。

法律としては基本2週間というのが原則ですが、そもそも法律すら守ってない会社に対してこれを守る必要はないと思っています。

むしろ身体や精神に異常が発生する前に辞めるべきと考えています。

(独立するなど理由が明白な場合は守るのが鉄則ですが)

こういった会社は

「人材のかわりなんぞいくらでもいるわ!」という本音の経営者が多いです。

でしたらこちらも相応の対応ができる権利があるはずですよね?

僕は「この会社は危ない、働いているメリットがない」と踏んだらすぐ退職を決める派です。

「そんな急に自分勝手な事を言われても困る!」

というのが一般論でしょうが、人ひとりいなくなったところで何か社会に影響があるのでしょうか?

もちろん従業員がいなくなれば、その分のしわ寄せは従事している従業員に降りかかるのですが、

「他の従業員に迷惑がかかるから働き続けろ」と言う方が横暴ではないでしょうか?

「だったら貴方も辞めて楽しちゃいなよ?」

と僕は言いたい。

けどそれができないという事は自身に家族がいたりローンがあったりと逃げ場がないからなんですよね。

だからこれから働く若い子たちは、

今まで常識だったライフスタイルを見直す必要があります。

結婚をしなくても生きられる。家や車を買わなくても生きられる。

その当然に気づくか否かです。

そしていつブラック企業から逃げてもいいような環境で過ごすのも重要

僕が20回転職できたのも実家暮らしだったからというのもあります。


それまで日本人が当たり前にしていた事を疑い、耐える事から思い切って逃げる!

これがいつまでもできないようでは、ブラック企業対策もクソもないでしょう!


次回へ続きます!