読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!クズの皆さん!!

自分語り・社会派オピニオンなどを記事にしてます!主に社会不適合者さんを応援してます!

世間体に頼らずとも自分だけの武器をかかげりゃ生きていける。

ようこそ!クズの皆さん!!

元DQNブロガーの雅之です!!!@moto_dpn_masa

僕の尊敬しているプロブロガーあんちゃさん(@annin_book)がこのような記事を掲載しました。

www.mazimazi-party.com

「何か行動するのは不安がつきものだけど、それでやればきっと自信につながるんだよ!」

という勇気を与えてくれる記事ですね。

僕が思うに、この不安って

“周りから自分がどううつるのか心配だ”という事だと思うんですよ。

そういうのって別に気にしなくてもいいんじゃない?というのが僕の持論です。

そんな僕でもヤンキーに僕のブログは見せられません。

何故なら、

ヤンキーに怒られて殴られるのが怖いんだもん!!!

f:id:masayuki0705:20170308105501j:plain

世間から逸脱する事。

僕は世間から相当ズレている。

貴方は周りの人で

  1. 私立中学合格のエリート
  2. 元不良グループにいた人間
  3. 転職回数20回
  4. 実家ひきこもりニート

のような肩書きを全て合わせた人はいますか?

おそらくいらっしゃらないでしょう。

本当にいなかったら嬉しい限りです。

もちろん自分はウケを狙ってこんな肩書きを持っているわけではありません。

たまたまそういった人生を歩んだのです。心おもむくままに生きた結果と言ったらいいですかね。

これって過去の産物であり、人から見たら武勇伝でもあります。

それでもどんな形であろうが、世間から逸脱する事に価値があるとみています。

そして今思うと、僕は世間からかなりズレているなと感じます。

世間はそのズレを埋めるために必死になる。

www.welcome-kuzu.xyz

突然ですが僕は料理が全くできません。というか家事全般ほとんどやったことがないです。

実家からでたことがないですし、家事はいつも母親任せ。

もちろん世間一般ではいい大人は家事くらいできないと立派な大人とは言えません。

ですがそれって

“できなきゃおかしい。だって周りがやっているんだから”

“みんなができているって事は、自分もやって当然だ!”

という定義になっているんじゃないですか?


一般的な家庭だと、

父→「会社員としての常識」

母→「ママ友などの交流においての常識」

子供→「学校内における常識」

に縛られてしまいます。

そして日本の組織や集団に関わるとどうしても「周りに合わせなきゃ仲間外れにされる(これを村八分という)」と思い込んでしまうのですね。

日本は古来から稲作が中心の産業でした。

気候によって稲作が向き不向きの土地が当然あり、

「ここは稲作が向いていなくても、みんな力を合わせればきっとうまい米ができる」

と言って付近の農民全員総出で稲作をしたのです。

ですが中には「こんなのやってらんねーよ」と言い出す人もいるでしょう。

そうなると「みんな総出で必死こいて働いているのに、あいつだけやる気をださねえとんでもねえ奴だ」と言ってやる気のない農民を村八分にするのです。

ですので村八分にならないために必死になるわけです。

その名残が今の日本でも続いているのです。

だから家事においても、

「なんで家事苦手なのに、無理してでもやんなきゃいけないの?」

という本音を漏らす人もいるでしょう。女性の方は特に。


だったらさそんなのやめちまえよ!!!

他人に任せちゃえよ!!!

周りからの“目”を気にしなければ案外楽だよ?

世間からの“目”を一番気にしなければいけない場所、それが家族間・親戚関係

僕はこの家族間・親戚関係の中でおこなわれる身内通しの会話がすこぶる嫌いです。

そもそも子孫繁栄するとなると、自動的にその家族や日本の文化を受け継がなければいけなくなる。

ましてやその家族や親戚が世間体で生きているとなると、“これこれこうあるべき論”を押し付けられる。

例えば、

「大学をでて就職すべき」とか「子供をさずかるべき」とかね。

そうやって嫌でも身内の伝統を受けつぐと、僕のようなひきこもりニートは身内の人間として許されないとなってしまうんですよね?

だから家族間・親戚関係の身内の話が嫌い。

嫌いで僕は聞きたくないので、その場にいません。聞いたとしてもすぐ退席します。

そして、「家族や親戚はどう思うんだろう」なんて事は一切考えません。

そう開き直ると案外楽だし、後々何か言われるのだろうという感情は浮かばないはずです。

そして自分が本当に大事にできる家族(友達・恋人など)と一緒に過ごせばいいのです。

世間からの“目”を気にしてしまうと、行動範囲が制限され窮屈な人生を送ることになってしまうんですよ。

自分だけの武器は必ず誰しも持っている。

ある起業家がこう述べていました。

「これからの時代はクリエイティブ能力が必要だ!」と。

クリエイティブ能力とは創造をする能力。つまり新しいものを生みだす能力です。

難しい事柄かもしれませんが、これって意外と全ての人に備わっているのではないでしょうか?

リアルさを感じられない人は、これに気づいていないもしくは我慢して能力を発揮できていないのでは?

それか自分の持っている武器では闘えないと思っているのでしょう。

それだったら自分が闘える場所に行けばいい話。

それが就職や起業でもいいし、なんだっていいんです。

僕は“ブログ”という闘える場所を見つけて、“元DQNブロガー雅之”が存在するのです。

「何とどうやって闘うか」なんてのは他人が決めるんじゃなくて、自分で決めるんですよね?


自分の個性あふれる武器でこれからも常識という壁をぶち壊してやりたい。

そういう覚悟がないとブログって中々続かないです。

自分の武器が「諸刃の剣」になるか「ドラゴンボールのZソードのような伝説の剣」になるかなんてどうでもいい。

ただブログという場所で、楽しく時には真面目に暴れるだけ。

自分の武器を使わず、いつ使う気?

日本の高齢者のほとんどは“チャレンジ精神が足りなかったため、人生に後悔をしている”らしいです。

社会が敷いたレールに素直に走れば、いい人生を送られると周りからさとられたのでしょう。

けど今の時代はそうはいきません。先程申した通り、何か新しいものを生みだす能力がないとこれから先厳しい世の中になるでしょう。

たとえ新しいことでなくても、とにかくやりたい事を全力でやれ!これに尽きるんですよ。

そのやりたい事の原動力になるのが、自分だけの武器なんですよね。


ちなみに僕のもう一つの武器それは、

“つぶらな瞳”

です。

f:id:masayuki0705:20170308193517j:plain

自分でも本気で可愛いなと思いつつ、

これで僕は女性ブロガーさんを中心にメロメロにしてやりたいと思っています。

僕は女性ブロガーさんが大好きで、両腕に美女、左手に葉巻、右手にワインを持ちながら優雅な一時を送るのが僕の夢です。


自分だけの自信のある武器が手に入れば、こういうバカな言動もできるんですよね?

だから周りからの“目”を気にせず、不安を払拭し、みんな思い切って行動できる世の中になって欲しいのです