ようこそ!クズの皆さん!!

常にアクティブな生き方を探求しつづける。ブログはそれのきっかけにすぎない。

当ブログに関して少し手厳しい意見が出たのでお伝えします。

ようこそ!クズの皆さん!!

元DQNブロガーの雅之です!!!@moto_dpn_masa

先日フリーライターをやってらっしゃる雨宮さん(@amamiya9901)という方にブログ相談をしました。

(※当初は無料ラジオという形で相談依頼をしましたが、現在は月額マガジンで相談受付をしています)

そこで僕の記事の書き方など色々厳しいご指摘を頂戴したので、少しブログでご紹介したいと思います。

f:id:masayuki0705:20170302183542j:plain

フリーライター雨宮さんとは?

ドイツ発 雨宮の迷走ニュース→http://www.amamiyashion.com/

雨宮さんは立教大学卒業で、留学がきっかけで単身ドイツに移住。

主にフリーライターとして活躍しており、「こういう生き方はどう?」みたいなスタンスでブログ運営しています。

そして今回のみ無料でご相談を受けてくれたので、

「ブログでファンを増やすにはどうすればいいですか?」

という質問をしてみました。

雨宮さんは

“人のために何か役に立つ事をしたいというのはおこがましいのでは?”

というご意見を述べられました。

仰る通り、時々自己快楽のためにブログ記事を書いているなと改めて思いました。

人のために何かしてあげるという事。

そもそもブログのタイトルである

“ようこそ!クズの皆さん!!”という看板を立てている以上、

社会不適合者さん(ニートやひきこもり)に何かしてあげたいという心がけは間違っているなと感じました。

何かこう過去否定され続けた僕の思想を押し付けているのではないかと。

様々な事情を抱えている人の役には立てないというか

「困ったら僕の事を頼ってみて!」

というスタンスでブログ記事を書くべきですね。


僕が以前まで別の無料ブログをやっていた時は、

それこそ読者の方のことは一切気にかけず、自分の意見をバンバン一方的に投げかけるような記事でした。

例えば今の僕の立場であるひきこもりの人に対して

「ひきこもりは義務を果たせてない!」とかね。

今でもプレミアムフライデーの記事の時も

「日本の労働環境は異常だ!」

という自己解決で終わってしまってます。

異常だ!→だからこれこれこういう働き方がいいのでは?

幅を利かせるような内容の記事がいいのでは?というのが雨宮さんのご意見です。

確かにそう考えると、昔より丁寧語などは使えてますが読者の方に寄り添えるような記事はまだ書けていないと判断できますね。

そして、僕の記事が役に立つか否かは僕が決めるのでなく、読者の方が決めるものです。

人のためになにかしてあげたい=人によっては同調圧力の考えであると思います。

自分で自己解決することの価値。

僕のようなオピニオン系の記事だとやはり“共感”が大事になってきます。

いくら自分が面白い記事を書いても、相手に共感されなければ誰も興味なんか持ってくれません。

感覚としては、

“自分の素直な気持ちを書いて、この人は友達だ!と呼べるくらいの共感がなければいけない”という感じでしょうか。

ただ僕の場合自分のスタンスというものが当然あり、読者の方とどう照らし合わせるかさじ加減がすごく難しいです。

今はLINEブログ・無料オンライン・ツイキャスというツールを用いて、「本音を語ろう!」というキャッチコピーを掲げてますが、

自分のスタイルを貫きすぎる事は何らかの弊害になる事は間違いないでしょう。

そう考えると日本語ってすごく難しい。

僕がエリート街道を歩んでいた時も、国語の文章読解が全く出来ませんでした。

読むのもそうだし、こうやって実際に書く事も困難。

でもどうしても伝えたい事があるから頑張れるんですよね。

自分は不器用だからこそ頑張れる。

今回ご相談してみて、正直自分を否定されたような気がして少しショックでした。

けど雨宮さんは僕を応援したい気持ちが強いからこそ、少し厳しいご意見がでるんだなと思いました。

実際厳しい意見だけでなく、

「読者さんも結構いるみたいなので、これからが楽しみ」

とも仰ってくれました。

今回無料でご相談を引き受けてくださって、大変感謝しております。ありがとうございました!


恐らくずっと前の自分でしたらこの時点で嫌になってブログをやめていたかもしれないです。

それくらい何か嫌なことがある度に逃げていた自分が存在してました。

現時点でやめないという事は、自分の中でブログを通して“元DQNブロガー雅之”という人物を知ってもらいたい!という強い気持ちがあるからなんですよね?


正直僕のようなブログ、人としての存在自体無駄だと思っております。

学生の頃本気で

「お前は生きている価値がねえ」

と言われた事があります。

けどこんなクズでも意地があるんですよ。

“ようこそ!クズの皆さん!!”には自分の熱い想いというものが詰まってます。

僕からこのブログを取ってしまったら多分何も残らないでしょう。

その時はまた以前やったような、つまらない仕事をただ無機質にこなしているだけの価値のない人生になります。

絶対にブロガーという生き方を否定してはならないし、簡単に諦めてはいけません。


まだまだ文章力が足りない

そんな不器用だけど頑張りたい

男は何も器用で賢くなくていい

寧ろバカなくらいがちょうどいい

僕はこう主張したいです。


今後ブログ内でどのような記事を展開するかは分かりませんが、

これからも熱く、泥臭く、人間らしくブログ記事を書いていきたいです!