ようこそ!クズの皆さん!!

常にアクティブな生き方を探求しつづける。ブログはそれのきっかけにすぎない。

エリート街道からの逸脱!高校中退のクレイジーな16歳雅之の話。

ようこそ!クズの皆さん!!

元DQNブロガーの雅之です!!!@moto_dpn_masa

突然ですが皆様にお詫びを・・・

プロフィール記事にて、

“親に「自分はベースの専門学校に行って、ベーシストになりたい!学校辞めたい!」と懇願。高校を中退する事に。”

とお伝えしました。

実はこれはあくまで建前。

エリート街道を歩いていた僕が高校をやめたかった理由、それは・・・

「学校の音楽の授業にどうしても出たくなかったから!!!」

f:id:masayuki0705:20170217185935j:plain

マジで糞みたいな中学1年の学校生活。

僕は小学校の頃親のマンツーマン指導を毎日受け、見事偏差値50の私立中学に合格。

当時地元近くの公立中学は荒れていて、噂によれば小学校の同級生だった人が精神をやられるくらいの虐めを受けていたそう。

それに比べたら些か私立中学の人間の方が落ち着いていると思った。が、

ある出来事をきっかけにクラスメートからクズ扱いを受ける事に・・・

たかが順位が入れ替わっただけで・・・

私立中学に入学して数ヵ月後、クラス対抗の体育祭が開催された。

僕が出場するのは全員参加の騎馬戦と1kmリレー。

全く体力には自信がなかったし、しかもアンカー。個別に出場する選手は教師自らが決めるという独裁体制下、僕は半強制でアンカーをやらされるざまに・・・

たすきが僕に渡され順位は2位。後続が離れていたのでこのまま2位のまま逃げ切れると思った!

しかし無情にもコースを間違え、順位は入れ替わり3位でゴール。クラスメートから猛烈なバッシングを受けた。

僕は1リットルの涙を流した・・・

以後クラスの人間から虐めを受ける事に・・・

2位から3位になっただけで何でこんな目に・・・

喧嘩を煽ったバカ。それに乗った僕もバカ。

普段の学園生活でも部活でも虐めを受けるようになった僕。

1年生の終わりを迎えた頃、クラス全体を騒がす事件が再度発生した。

それは期末テストが始まる前突然クラスメートが、

「おい!おまえ!あいつとタイマンはれよ!」と喧嘩を助長する発言を。

そのあいつとは、僕と同様「キモい奴」と虐めを受けていた人間。

その時の僕は意志が弱く、渋々そのキモい奴と殴り合いの喧嘩をすることに。

チャイムが鳴ると同時に喧嘩は収まったが、何故か左手小指に激痛が。

痛みを堪えながら必死でテストを受けた。

後日整形外科に行き診察。結果は骨折!!!恐らく小指の当たり所が悪くヒビが入ったのだろう・・・

親に経緯を話すと大激怒・・・ 父親に「相手に謝らなきゃいけねえな!」と考えられん一言を吐き捨てられた。(その相手は無傷)

バカのノリに合わせた僕も愚かだったが、なんでリレーに続いてこんな目に遭うの・・・

一方クラスでは僕以外全員に反省文?を書かされていたっぽい。

そして僕に煽った人間はある日病院まで付き添う事に。因みにその日は休診日だった爆

本当に僕が通っていた中学は私立なのか?と今でも疑うほどだ。

趣味という生きがいを見つける。そして・・・

きっかけはニッポン放送。

こんなアホみたいな奴らに振り回されながらも勉強だけはきちんとやった。

だがさすがに退屈だなと思い、約30センチ大のステレオラジオでニッポン放送を聴くことにした。

時間として夜の11時以降。オールナイトニッポンが放送し始める時間だ。

ゲラゲラ笑いながら勉強をし、それまで知らなかったアーティストの曲も知るようになった。

特にバンドが好きで、アジカン・バンプなどのアーティストの曲を聴くようにもなった。

それがきっかけでエレキベースを購入。自宅近くの音楽教室に通いベースを習うまでハマった。

恥をかきたくない!!!

中高一貫学校だったので、そのまま高校へ。

そこでも虐めというか、近くの席の人間が授業中だろうが何だろうが“常に”いじってくる。

「またか・・・」

そして3ヶ月を過ぎ、夏休み前を迎えた時だった。

音楽の教師が、

「夏休み明けに課題として、全員の前で何か楽器を3分間弾いてもらう」

と命令。

この時はまだベースを始めてから3、4ヶ月しか経ってない。ベースのコードすら分からん段階。

「曲なんか弾けるかバカヤロー」と脳内批判をした。

しかも楽器を弾く予定の場所の前には、先ほど話した僕をいじってくる奴の席が!!

「3、40人のクラスメート、そしてバカが目の前にいる中で楽器を弾け?ふざけんな!!」

「緊張してパフォーマンスが崩れるだろ!」

「ベースで曲が弾けないから、リコーダーでも弾けってか!あぁ?」

「てめーおれに恥かかせるつもりか!!!」

僕の精神は崩れた。

些細な事で爆発、そして逸脱。

中間テストも近いこともあって、どんどん僕の精神は崩れていった。

そしてついに不登校になる時が来た。(中学に一度登校拒否の経験あり)

下校中、目の前の女子中学生2人に指を指され笑われたのだ!

「おれのことなのか?ふざけんな!」

当時のことだから覚えてないし、勘違いだったのかもしれない。けど僕は何故か大爆発を起こし「学校に行かん!」と母親に訴えた。

約3日間不登校の後、

「おれはベースで仕事をするために専門に行く!」と伝え中退を決定。後日学校に申請した。

両親は泣いていた。当然だ。当時親から見たら空前絶後の出来事なんだから。


自由への疾走を決行した直後、僕は解放されたの如く毎日ネトゲにハマった。

そしてベースの事などほとんどどうでも良くなったのだ。

親の勧めで定時制に編入したが、すぐにベースをやめた。

本当はベースが好きじゃなかったのかもしれない。

それくらい私立学校の生活から逃げ出すきっかけを作りたかったのかもしれない。

何故未だに不登校や中退が悪なの?

読者さんの中には、

「おまえそれタダの甘えだろ!」と思われる方がいらっしゃるでしょう。

そうですね。“甘え”かもしれません。

勉強は出来るが、低脳のクラスメートの猿たちに振り回されたのだから。

ただね、僕思うんですよ。


「なんで我慢しながら学園生活を送らなきゃいけないの?」と。


僕が中学を一日だけ登校拒否をした時も教師が、

「元ダイエーの王監督は生卵を投げつけられ批判を受けながらも監督業に励み優勝した」

「だからおまえも我慢しろ!」

無慈悲な根性論を叩きつけられた。

この言葉を鵜呑みにせず、学校に行っていなければまた違う人生を歩んでいたでしょう。


もし今の学校の現状がわかる人がいたら教えて欲しいのですけど、

まだ学校では皆勤賞とかいうやつがあるのかな?

もしあったら今すぐ学校側はやめるべきです!

この時代においてもまだ学校に通う=我慢する事と子供に押し付けている理念があります。

そして逆に子供に逃げ道を作らせないという倫理観を強要している!

  • 「クラスの和を乱す、または逸脱するような輩は許さん!」
  • 「なんかあったら学校側の責任が問われるんだ!」

こんな身勝手な運営をする学校または教育委員会なんか滅びろよ!!!


僕はN高校のような子供の選択肢を増やす学校が増えて欲しいと切に願っています。

まるで富国強兵の明治時代ような雰囲気の学校しか存在しないのはありえない!

今の学校の現状把握が出来ないからはっきりとした事は言えないですけど、

もう不登校や中退のイメージを悪くするのは古臭い考えだって事にいい加減気づこうよ?

今の時代ネットが存在して何とか生きる術があるし、

大体エジソンや坂本龍馬も学校に行かないで成功を収めたのだから。

教師の「自分はこれこれこういう人生を歩んできたから、あんた達生徒も同じ想いをしろ!」

という思考は古い!


こう考えると学校というのは社畜人間を増殖するための養成施設としか思えない。