ようこそ!クズの皆さん!!

常にアクティブな生き方を探求しつづける。ブログはそれのきっかけにすぎない。

やんちゃが世界を救う?!この時代だからこそ必要とされる3つの理由。

ようこそ!クズの皆さん!!

元DQNブロガーの雅之です!!!@moto_dpn_masa

タイトルを見て、「やんちゃが世界を救うわけないだろ!!!」

と思われる方が多いでしょう。

正直僕もブラジルのサンバみたいなノリノリの人がいたら一歩引いてしまうかもしれません。

どちらかといえばインドみたいに静かに過ごしたい。(イメージ)

しかしどうも今の日本を見ているとなんか

やんちゃな人の居場所が奪われている気がしてならないです。

今回は僕なりの持論を3つまとめてみました!

f:id:masayuki0705:20170216183745j:plain

スポーツは人間ドラマ。精神的支柱が必要。

甲子園を沸かせたある高校球児。

皆さんは、今吉晃一という高校球児をご存知ですか?

おそらくコアな野球ファンしか知らないかも・・・

この選手は今から11年前夏の甲子園に出場した代打要員の方で、あのハンカチ王子こと斎藤佑樹と対戦したことのある選手です。

結果は空振り三振。ですが彼のピッチャーが投げる前に吠える姿で観客を大いに沸かせたチームのムードメーカー的な存在でした。

元々キャッチャーでしたが、腰痛でレギュラーになれない代わりにチームのムードを作っていたそう。

斎藤佑樹も試合後、「今吉くんに打たれていたら試合がわからなかった」

それくらい試合の空気さえ変えてしまうような選手でした。

僕は当時まだ野球をやっていたので、その今吉くんの姿の見様見真似で打席に立つたびに吠えました!

一人くらいバカなプレーヤーがいてもいいじゃん!

僕は野球をやめる直前まで、打席で吠え続けました。

自分のチームからも相手チームからも失笑。それでも吠え続けた。

もちろん選手として活躍しなければ絵に描いた餅ですが、

自分がチームの一員として十分に機能しないからこそ、別の選択肢をもってチームに貢献すべきと思ってずっとプレーをしていました。

これは野球に限らず、サッカーやバスケとかでもそうです。

どうも日本のスポーツ界を見ている限り、「日本人はこういうふうにプレーすべきだ!」

と言って、まるで武士道みたいな精神を押し付けているのではないかと思います。

WBC日本代表も“侍JAPAN”ですよね?

“道”なので道から外れた選手を許さない。そんな風潮を強く感じてしまう。

だからバカみたいにはしゃぐ選手が一人いてもいいんじゃないかな?

それでチームに勢いが増せば、「あぁこの選手とやれてよかった」と思えるかも知れない。

スポーツをやるのは人間。いくら試合に集中していようが精神で動く。だから面白いのだ!

やんちゃな子が年々減ってきている事実。

和を乱すなというクソ文化。

日本は昔から“和を乱すな”という言葉があるとおり、集団行動では必ずと言っていいほど“一致団結”しなければいけません。

そして現在学校内では「虐めを無くそう・差別や偏見は言うな!」

という声が当たり前になっています。

そうなると自然に元気のあるやんちゃな子供は注意され人として浮き、逆にその子が村八分になったりと

どうも最近の子供は平均で並べられ、やんちゃな行動ができない気がしてならない。

もちろん物事の分別をする能力は教えなければいけないですけど、

僕は子供の可能性を潰している気がするのですよ。

「あれもやっちゃダメ」「あの子と付き合っちゃだめ」

そして、

「あれやりなさい、これやりなさい」

こういう大人が子供の行動範囲と思考回路を狭めていると言っていいです。

逸脱させるのも大人の役目。

日本の学校教育では周りに流され、惰性で人生を送るようになってしまう。

僕は子供の頃不器用であったが、そんな学校生活に疑問を持っていました。

それは“親が賢かったから”だと思う。

僕が小学1年生の頃、当時流行りたてのポケモンが人気で誰もがゲームボーイを持っていました。

けど僕だけゲームを買ってもらえず惨めな想いをしました。

それでも今思えば「周りに流されずにすんでよかった」と素直に思える。


やんちゃとは違ってしまいましたが、この集団生活を強いられるご時世で周りに流されずに自分の“個”を大事にする。

聞いた話だと最近の親は店ではしゃぐ自分の子供に「店員さんに叱られるでしょ!」と注意をするらしいです。

なぜ他人ガーなの?

他人とすぐ比較したり、他人の目を気にしたり

まるで他人の為に生きなきゃいけないみたいな

そのマインドが日本の閉塞感を生んでいるのですよ。

男は全員賢くなる必要なんか無い!

これも聞いた話だけど、最近の若い子は無理にビジネス用語を多用して上司を困らせているらしいです・・・

コミットメント、エビデンス、ブラッシュアップ、、、

わけわかんねーよ

そういう子って実は

(無理に背伸びをして)有頂天になってやろう・上司からの評価を上げてやろう

というのが本音なんじゃない?

確かに時代遅れで知識が不足している上司も場合によっては恥になるが、「時代を先取りしているおれカッケー」とか余計な意識で仕事しすぎ!

僕は相変わず体育会系の人は苦手だが、こういう意識高い系の人のほうがもっと苦手ですね。

まぁこれが長所に繋がっているのは確かだけど。


はっきり言って男だからといって賢者になる必要なんかどこにもありません。

そんな男しかいない世の中なんてつまらん。

賢者は賢者にしかできないことがある。そしてバカはバカにしかできないことがある。

これからの世の中が機械化される?ロボットに仕事を奪われる?

だから力仕事の人間を見下す??

・・・バカなの?

確かに所謂3Kの職場を中心にブラック企業が蔓延っているのは事実ですが、だからといって「バカに仕事を任せるな」なんて仕事も経験していない外野が喚くなよ!

僕は散々3Kの職場で身も心も削られる想いをしましたが、逆に得たものもあります。

無駄な人生なんか無いんだから、勝手な憶測でものを言わないで欲しいな。

踊らされるな!自ら踊れ!!

実は賢い人も比較対象が他人だから結局は周りガーなのでは?

小利口という言葉がありますけど、僕はいい言葉には聞こえません。

利口になれば行動範囲が狭くなり、考える視野も狭くなるから!

こう言っている僕も実は小利口なのかもしれない。自分も他のブロガーさん達と比べて行動力が成さすぎるから。

だからコンフォートゾーン(快楽的な領域)から早く脱するべきだと思います。

身も軽くなったら今度はやりたい事をやる。そう自ら踊るのだ。

今の僕は実家という箱物に閉じこもってブログを書くことしかできないけど、

いつかはダンサーとなり、踊る時期が必要となるでしょう。

 

どうでしたか皆さん?

これでも「やんちゃはうるさいから黙ってろ」という印象しかないでしょう。

当然です。人間には先入観というものがあるから。僕にも多少なりとあります。

ただやんちゃな人を除外する行為って、結局はその人と付き合ったことがないorリアルを知らないからおこなうのではないでしょうか?

やんちゃにも色々な人がいます。皆さんのイメージ通りどうしようもないおバカもいます。

でもやんちゃがやんちゃな事をして、今までにない新しい出来事が起きたら・・・

それはそれで面白いとは思いませんか?

実はバカと天才は紙一重・・・なのではないですか?