読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ようこそ!クズの皆さん!!

メンヘラな自分と向き合い、アクティブな生き方を探す。

僕がバレンタインデーで経験した、甘くてほろ苦い糞エピソード。

ようこそ!クズの皆さん!!

元DQNブロガーの雅之です!!!@moto_dpn_masa


♫バーレーン強いんです!!! by おニャン子クラブ


うん。

バレンタイン・キッスですね。

 10年前のサッカー日本代表はバーレーンに苦戦していました。


しょうもないギャグは放っといて、本日は僕にとって全く無縁のバレンタインデー。

こんな自分でも6年前の22歳の時に一度だけ手作りチョコを貰いました。

頂いた女の子(以降、チョ子)と中途半端で糞みたいな出来事が。

その時の甘くてスィ~トだけど、クズなエピソードをご覧下さい。

f:id:masayuki0705:20170214205315j:plain

出会いは今やオワコンのmixi

当時の僕はまだチャラチャラしていた時期で、所謂ビジュアル系バンドみたいな格好をしてました。

↓こんな感じ

f:id:masayuki0705:20170214211234j:plain

聴く音楽もメジャーなところだとゴールデンボンバーとかかな。

そして当時まだmixiが生き残っていた時に、趣味のコミュニティ内で当時3つくらい下のチョ子に知り合いました。

お互いmixi内でやりとりし、番号とメアド交換。

すっかり意気投合し、なんとバレンタインデーの日に会う事に。

チョ子の勤務先まで車で向かうことになりました。

ふたりで夕食。そしてまさかの。

勤務先のコンビニまで向かうと、結構な体型のチョ子がいた。売れていた頃の柳原可奈子以上はある。

「まあ、ふたり意気投合してるしいいか」と妥協。

仕事が終わりチョ子は助手席へ。

メールではガツガツ喋っていたが、流石に初対面で恥ずかしがっていた。いやそれにしてもギャップありすぎだろってくらい。


車はファミレスへ。

チョ子は未だにシャイなまま。僕もなんて話しかけたら・・・

あまり会話がないまま食事終了。外に出ると雪が!!!

「車大丈夫かよ!」と思いつつ、そのままチョ子の自宅へと車を走らせた。

幸いスリップすることなく無事にチョ子の家へ。

別れ際にチョ子のバックから、紙袋が。中身は人生初のチョコだった。全く会話がなかったが、僕は喜びに満ち溢れた。


家に帰って早速一口、

「まずいし、苦い・・・」(´・ω・`)

激しいキス、そして別れ。

自分自身ここで手を打って別れれば良かった。チョコは嬉しかったが、あまりにも会話が・・・という残尿感に浸っていた。

それでもチョ子とのメールだけは盛り上がる。

チョ子自身出会いが無く恋愛経験も少なかったという事で、僕に積極的にアプローチ。

結局またふたりでデートに。今度の舞台は横浜駅。

カラオケ行ったり、ビジュアル系のCD専門店にも行った。

そしてどういうわけかチョ子とのキスに発展。カラオケ店内、そして横浜駅の改札口の人ごみの中でも。

どういうわけかこんな中途半端な行為を行うしか選択肢がなかった。

自分の情けなさ、未熟さ、そして優柔不断さが目立った一日だった。


そしてある日チョ子からのメールで、

「ゴールデンボンバーのチケットが2枚手に入ったから、一緒に見に行こう!」という内容がきた。

当時の自分は何としてでも行きたかった。

何故ならこの時のゴールデンボンバーはまだ爆発的にブームになる前の頃。

東京の小さいライブ会場でライブをしていた。

それでも“ビジュアル系バンドで一番チケットが入手困難なバンド”と呼ばれて、余程のコネがない限りチケットが手に入らなかったのだ。

チョ子は女の子との間のネットワークをはっていて、そのチケットを入手できたのだ。

もちろん僕は「見に行こう」と返信。


しかし、それ以降チョ子からのアプローチが激しすぎて、ストーカーみたいな印象を受けた。

自分が一緒にいて心地よいならまだしも、リアルだと喋れないし決して有意義な毎日とは思えなかった。

そして些細なことでメールで喧嘩に。

チョ子のあまりにもギャップの激しい態度にキレた。

「ゴールデンボンバーのライブも行きたくねー。リアルだと話せねーし、お前と縁切りたい」

「せっかくチケット苦労して手に入れたのに何それ!ひどい!」


結局一方的にチョ子との連絡を切った。

終わり

結論:優柔不断同士で付き合うものではない。

本当に僕って年下の女性は苦手ですね。

先日実はプロブロガーのあんちゃさんとスカイプ相談をした事がありまして、その時はものすごく話が盛り上がりました。

27歳になって金の掛かる趣味をやめて、思考停止の自分の頃と比べて少し頭のモーターが動くようになり、

少しずつ他人との会話が弾むようになりました。

だが当時はコミュ障&バカ。リアルな会話は出来ないが、メールだとガツガツ喋れる性格。

ましてや年下の女性とはどういう態度をとればいいかすら出来ない、

優柔不断で、肝っ玉の小さいミジンコ野郎でした。今でもそうか。

そしてチョ子も同じような性格。

お互い出会いがmixiということで、周りに友達がいないということもあってふたりどうすればいいか分からんちんの状態。

年相応で考えるのは頭が痛いが、

20歳超えて優柔不断同士で、カップルとして付き合うのは無理だなと思いました。

当時は遊びだったからまだしも、これから先ライフスタイルが関わっていく中で、

この“優柔不断さ”は余計なトラブルの元になると思う。

恋愛が上手くできないなら、無理して女性と付き合うものではない!

こう断言していい。

「恋愛という現実に向き合え」→「これが現実です」

以前あるYouTuberが、

「若者は初めから恋愛を諦めている。現実に向き合わなきゃいつまでたっても進歩しない」

と述べた。

・・・はい?(゜_゜)

このYouTuberは右翼思想で、日本の未婚率の上昇を恋愛をしない若者に対して八つ当たりをしていました。

実際この人も恋愛していないという笑

未婚率が増加=国力が下がると言いたいのでしょう。

“国力が下がる”

本当に古臭く、大っきらいなワードです。


僕のように恋愛がうまくいかない人間だっている。

そして娯楽の多様化が進み、恋愛をしなくてもいい世の中なのに、

どうして一概に「恋愛しろ!」と言うのか。

そういうところがおかしいんですよ。


昭和の携帯すらない時代は、誰がなんと言おうが無理矢理結婚させられていた。特にお見合いという形で。

そしてどんなにその人に裏があっても、何とか誤魔化せる時代だった。

けど今はネットで絶えず人と繋がる時代

リアルな世界でもネットの世界でも繋がらなきゃいけない人間もいるし、

ネットでしか本音を言えない人間だって当然いるわけだ。その逆も然り。

そんな中で対人トラブルにならない方法があるなら、教えて欲しいくらいです。

こうしている間もどこかのサイトでは炎上しているでしょう。

もう昭和時代からのおしどり夫婦のような男女間の仲は崩壊していると言っていい。

そんな中でも「恋愛したい」「結婚したい」

というなら相当人間関係が構築できている人でないと無理ゲーな気がするんだよね。今までロクな恋愛してないし、あくまで僕の見解だけど。


「恋愛をしなさい」「結婚しなさい」

はっきり言って、少なくとも赤の他人に言うもんじゃないよ?

というか家族間でも日常的にそんな会話がされていると思うと、

「お前らニッポン放送のテレフォン人生相談を聴け!!!」

と言いたくなります。

この番組は主に家族間、男女関係のトラブルを中心に視聴者の悩みの解決をリアルタイムで放送する番組です。

これを聴いていると、

「なんでこんな事をしてでも、恋愛や結婚生活したり子供作るのかなぁ」と疑問に思うのよ。

なので、

日本の皆さんの思われているような、温かい交際や結婚は望めなくなってきているのです。

今の日本の現状を知ればわかることなんだけどなぁ・・・